生活にミネラル水を取り入れる

市販で売られている飲水の価格帯

飲水は購入した方が良いのか

スーパーやコンビニなどでは、価格の安い飲水が市販されており、身近でも入手したい場合には直ぐに購入できる形になっています。もちろん水の種類も豊富に存在するため、自分の体に適した水を選択することが重要となります。のどが渇いた時に、多くの人がまず思い浮かぶのは、お茶やスポーツ飲料などの飲み物ですが、意外と人気なのは天然水で無味・無臭な点で評価されているのが実態です。つまり味が付いている飲み物よりも味が付いていない飲み物を好まれる方も多く、薬の服用からゴクゴク飲んでも胃もたれしにくいことから選択されることもあります。一般的に市販されている飲水の価格帯は500mlのペットボトルタイプでは100円前後が相場です。ただ中には採水するのに手間がかかる海外製のものとなると若干、高めになることもあります。もっとも日本では水道技術が発展しているため、蛇口から出る水でも一度、煮沸を行い、早めに飲めば安心して飲むことは可能です。日本では水道水がほぼ無料に近い形で清潔で飲めるため、価格がつき市販されている飲水を購入することは高いイメージがあるのは確かとなります。そのため青汁を飲んだり、ウイスキーや焼酎の水割りなどで割って飲むアルコール類に使用するなどに限定して活用することがベストかもしれません。

飲水の凄い情報

↑PAGE TOP