日本の水道水の素晴らしさ

飲水の価格と飲みやすさの関係

飲みやすい飲水が無料である日本

日本では水道水が一般家庭にも普及しており、蛇口をひねるだけで簡単に飲みやすさがある飲水を価格も無料で給水されています。水道水の管理は各地方自治体が行っており、しかも法律によって厳しい水質基準を持っているのも日本ならではの特徴です。それと日本の技術として水道の浄化システムが確立しており、世界の国よりも優位性が存在し、水道水をそのまま飲むことも適しており、水道局でも「おいしい水プロジェクト」を開催されているほどです。実際に水道水と市販のミネラルウォーターと飲み比べた結果、飲水の飲みやすさは価格を出して購入したミネラルウォーターとほとんど変わることなくおいしいという統計結果もでているほどです。しかも1リットルあたりのコストについては水道水の方が優れており、日本においては毎日飲む水のコストは抑えられていながらほぼミネラルウォーター並みのおいしさがあることで評価も高く、無料であってもおいしいのが実態です。このように水道水は価格も低い上に飲水に適した飲みやすさまで存在することで、そのまま飲んでも安全でおいしい水です。もっとも浄水場から給水管を経由して、給水される仕組みとなるため、給水管の内部が赤さびなどの状態が発生することもあります。そのため沸騰させたり、浄水器を通すことが重要なポイントとなります。

飲水の凄い情報

↑PAGE TOP